新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月30日 09時00分 UPDATE

廃墟にそびえる巨大観覧車「イーゴス108」ついに解体はじまる 「ちょっとベトナム行ってくるわ」

巨大観覧車がバラされる様子、見たことありますか?

[石田賀津男 ,ねとらぼ]

 以前ご紹介した滋賀県大津市にある巨大観覧車「イーゴス108」ですが、ベトナムに移設する話が本決まりとなり、ついに琵琶湖岸から姿を消すことになりました。

 移設すると簡単に言っても、約20年前には世界最大を誇った高さ108メートルの巨大観覧車。そのまま引っこ抜いてベトナムまで運んでいくわけにはいきません。一度解体してから、現地で組み立て直すのです。

 では、巨大観覧車はどうやって解体するのかご存知でしょうか? その解体の様子を捉えた貴重な写真を撮影してきましたので、ご覧いただきたいと思います。

 まずはありし日の「イーゴス108」から。既に営業終了から12年経っており見た目はサビサビですが、問題なく動きます。詳しくは前回の記事をどうぞ

画像 2013年1月時点の「イーゴス108」

画像 錆びてはいるものの、なかなか堂々とした姿

 そしてこちらは2013年10月15日の様子。ゴンドラはすでに外し終え、支柱の解体作業が始まっています(電車からの撮影)。

画像 外周と上部の支柱が少し外されています

 続いて約1週間後の10月21日。上部の支柱がぐるっとはずされています。なんだか不思議な形に。

画像 上のほうから外していくもよう?

画像 なにげに解体するクレーン車もデカい

 さらに約1週間後の10月27日。下部の支柱も外されはじめ、かなり小さくなりました。

画像 上半分の解体はほぼ終了。だんだん終わりが見えてきました

画像 やられたパックマンみたいな状態に

 現地で解体の様子を見た限りでは、まず外側にあるゴンドラが外され、次に外周の骨組みから順にバラしていく……のかと思いきや、どうやら先に上のほうから崩していく作戦のようです。

 では骨組みはどうやって外すのでしょうか。こんなマニアックな解体作業の機械があるとは思えませんよね。ということは……やっぱり人がいました! いくら専門家であるとび職の方でも、こんな場所での作業は経験がないだろうと思います。安全第一でお願いしたいところ。

画像 上の方をよーく見ると……

画像 こんなところに人が! 観覧車より高いクレーンでゴンドラを引っ張り上げ、そこから観覧車に乗り移って作業しています

 足元にあった廃墟(元は「びわ湖タワー」という遊園地で、そのアトラクションの名残)は、ほぼすべて撤去されています。しかしなぜか「Fortune Tellers(占いの館)」だけは残されていましたが……。

画像 足元の廃墟のような場所はほぼ片付け済み

画像 と思ったら、まだ占いの館だけ残ってた(右にある小さな建物がそう)

画像 クレーンでどんどん降ろされていく支柱

画像 近くにはバラされた支柱が並べられています。

 解体作業は9月から始まっており、順調ならば年内にはすべての作業が終了するそうです。だんだんと骨組みを外されていく巨大観覧車は、なかなか哀愁が漂います。これこそまさに今しか見られない光景ですので、「昔乗ったことある!」という方はぜひ一度眺めに来てみてください。

 ちなみに「イーゴス108」から間近にある琵琶湖大橋から琵琶湖の対岸に渡ると、すぐそこにあの「ピエリ守山」があります(参考)。ここの2階には琵琶湖を一望できるテラスがあり、「イーゴス108」を見るのにも風情のあるスポットでした。

画像 ピエリ守山から見た、琵琶湖の対岸にある「イーゴス108」。(※ピエリ守山館内の撮影は禁止です)

画像 近くの建物と比べるとその大きさがよく分かりますね

 地元の人からは「錆びていて壊れそうで不安」という声もあった「イーゴス108」ですが、姿を消すとなるとやはり寂しいものです。


おまけ

 せっかくなので、その他の画像もどうぞ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事