ニュース
» 2013年11月02日 05時00分 UPDATE

会見一問一答:大友克洋監督、紫綬褒章を受章 芸術文化の発展に大きく貢献

アニメ分野では98年秋の高畑勲監督以来となる。

[高橋史彦,ねとらぼ]
画像

 漫画家・アニメーション監督の大友克洋さんが、2013年秋の紫綬褒章を受章した。「長年にわたり、圧倒的な画力(描写)と構図、物語の構築力、鋭い映像感覚をもとに、優れた作品を数多く発表し、国際的な注目を集めるなど、わが国芸術文化の発展に大きく貢献したこと」が理由で、アニメーション分野における受章は、1998年秋の高畑勲監督以来となる。

 デビュー40周年を迎えた今年は、7月に最新作「火要鎮」を、オムニバス形式の劇場アニメ「SHORT PEACE」で公開したほか、9月に決定した2020年の東京オリンピック開催を、代表作「AKIRA」で予見していたこともネットで大きく話題になった。

 大友さんは10月31日に都内で記者会見し、受章について「自分が対象になるとは知らなかったので驚いた」とコメント。自身の創作活動について「(出来上がったばかりの作品は)自分では面白いと思っているが、客観的にみるのは難しい。こないだ久々にAKIRAをみたら『(当時の自分は)へ〜頑張っているなぁ』と思った。たまに古い作品を見ると良かったなと思う」などと語った。

一問一答

――受章の一報をきいたときの感想

 章があることは知っていたが、自分が対象になるとは知らなかったので驚いた。そんな年になったのかな。

画像

――これまでを振り返ってどのような作家人生になったと思うか

 まだ、終わったわけではないので振り返ったことは全然ない。自分の中では淡々とやってるつもり。「AKIRA」はやはり転機になった。

――作品づくりでこだわっていること

 一貫して何かあるかもしれないが、時々によって変わる。発表する際が作品の旬でありたいと考えている。そこには当時の自分の考えや時代が反映されている。

――ライフスタイルについて

 朝9〜10時に起きて、天気が良ければ散歩などをして11時〜22時まで仕事。夜は気分が良いと酒を飲む。最近は忙しくて深夜2時頃まで仕事。机に向かっての作業は約8時間。それ以外に、いろいろと考える時間が必要で、起きている間は大体考えている。女房にはいつもぼんやりしていると言われ、実際半分そうかもしれないが、ぼんやりしていないとでてこないこともある。

――楽しみを感じるとき

 企画当初は、「こんなことをやってみたい」「時代の感じからこんなことをやらなければ」と空想が広がって楽しい。実際に作っていると少しづつ変わっていく。映画は企画から考えると1本で約3年かかる。すると、最初に面白いと思ったことを持続するのは大変。やろうとしたことができなくて、完成した時にがっかりすることもある。自分では自分の作品がよく分からない。面白いと思っていても、客観的に見ることは難しい。こないだ久々にAKIRAを見たら「へ〜頑張っているなぁ」と思った。たまに古い作品を見ると良かったなと思う。

画像

――昨年、復興支援として原画展を開催していたが、被災地との関わりについて

 当時、国のお金が行かないような小さな団体がたくさんあった。原画展のメンバーと話しあい、そういうところを支援したい、目が届く範囲でやってみたいと思った。多くのお客さんが来てくれて支援ができたから満足している。ただ、チャリティ企画なのに税金は高かった(笑)。今後も何かやろうと思っているが、方法は考えなければいけない。

――現在の日本をどうみているか

 東京オリンピックも決まって、経済的に明るくなるのかなと漠然とした期待はある。ただ、浮かれてもしょうがない。新しい時代に向けて、自分なりの作品を作りたい。

――日本のアニメは海外で人気があるが、今後の展望について

 全体ではややピークがすぎた感じがする。若い人があまり出ていなく、業界内の活気はいまひとつ。大ヒット作はあっても、業界として潤沢な資金があるわけではない。個人的には、こういう章を頂いたので、新作にチャレンジしたい。

――注目している地域はあるか

 アジアのアニメなどが話題になったが、そんなに面白いかといえば意外とそうでもない。この業界は、いつどこから誰がでてくるのか分からない。

画像 「SHORT PEACE」Blu-ray Disc&DVDは2014年1月16日発売 6090円(BD)、5040円(DVD)

――「SHORT PEACE」では、年代の若い人と仕事をしていた。若者について

 自分で育てる気持ちはあまりないが、若い人・面白い人とは一緒にやりたい。昔のアニメや漫画は日陰者というか、自分の好きなことをできた。近頃は企業も大きくなり、その中での企画が多くなった。そこに、新しい人や変わったことをやってる人は入れない。本来は業界が成長したならば、そういうプレイヤーに光をあてるべきなんだけど、なかなか難しい。次回またオムニバス形式があった時には、そういう面白い人を集めてやりたい。

――若者へのメッセージ

 自分は先輩にいろいろ教わってきた。今は本屋に行けば、かなりのことまで分かる。問題は本人がどうやるかで、これは人によって違う。努力の仕方を教えることはできても、作品つくりは自分でやってもらうしかない。若い人には「ここまできてよ」と言うしかない。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう