新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月31日 10時03分 UPDATE

“実体”のミクさんがいっぱい! 「初音ミク実体化への情熱展」開幕前にお邪魔してきました

オフィシャルグッズだけでなく、ファンが作った巨大なはちゅねミクの張り子や等身大ミクロボなど、ミクさん実体化への取り組みが見られます。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2014年1月31日から6月1日まで明治大学・米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)で開催される「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱展」。ひと足先に準備中の展示スペースを訪ねてきました。

haru_140131miku01.jpg 準備の真っ最中
haru_140131miku02.jpg
haru_140131miku03.jpg

 スペースは米沢図書館の1階。フィギュアやぬいぐるみといったオフィシャルグッズ、ミクさんの歴史を紹介する年表、そしてボカロファンが電子の歌姫を現実世界に召喚しようと努力した証などを中心にした展示が行われています。

 中には、ファンが新潟のお祭りのために作った巨大な「はちゅねミクの張り子」、等身大ミクロボット、ミクさんがプロモーションビデオで演奏している架空の楽器(通称「あの楽器」)など、実際に見るチャンスが限られているものまで。VR(仮想現実)ヘッドセットOculus Riftを使ってミクさんに会える「Mikulus」も体験できます。

haru_140131miku04.jpg 想像以上の大きさ! 高さ2メートルの「はちゅねミクの張り子」
haru_140131miku05.jpg 想像以上の小ささ! 5ミリくらいの造花を組み合わせて作ったミクさん
haru_140131miku06.jpg 等身大ミクロボットも展示
haru_140131miku07.jpg 古参ミク廃ホイホイの「あの楽器」

 取材にうかがったときはまだまだ準備の真っ最中ということで、展示物の全てが並べられている状況ではありませんでした。6月1日までの期間中も展示物の提供協力を受けてつけているそうなので「まだまだ増えると思います」とのこと。ファンから寄せられた作品を展示する「祭壇」も設けられる予定です。

 ちなみに2月1日午後4時から、歌って踊れる等身大ミクさんを作ったみさいるさん、鼻歌とタイピングでミクさんを操る「MIKUTYPE」を作った暇な学生7さんによるトークイベントが予定されているので、同じく実体化への情熱を持つミクファンならば参加して損はないでしょう。

次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱展

  • 会場:米沢嘉博記念図書館1階展示コーナー
  • 期間:2014年1月31日〜6月1日
  • 休館日:毎週火・水・木曜(祝日の場合は開館)
  • 入場料:無料

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事