新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月05日 09時35分 UPDATE

「ジョジョリオン」もプラモデルのジオラマもすべてアート! 第17回文化庁メディア芸術祭・受賞作品展開催

2月5日から始まる受賞作品展の内覧会に潜入。一足早く中の様子をご覧ください!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 平成25年度・第17回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が、2月5日から2月16日まで開催される。会場は東京・六本木の国立新美術館をメインに、東京ミッドタウン、シネマート六本木の3カ所。入場・すべてのプログラムの参加は無料で、開館時間は午前10時から午後6時までとなる(金曜日は午後8時まで、12日は休館)。


画像画像

画像

 昨年の会場は広間に仕切りを設け、アート部門→エンターテイメント部門→……と受賞作をジャンルごとに追っていくだった画廊タイプだったが、今年は仕切りをほぼ設けず全体に作品群を点々と並べた。アート、マンガ、アニメ、プラモデル……いろんなジャンルの作品をすべて“メディア芸術”としてフラットに鑑賞できるのが楽しい。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で、今年は過去最多となる世界84カ国・地域から4347作品の応募が寄せられた。本展ではその中から選ばれた受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績などを展示や上映により紹介。メイン会場である国立新美術館に足を運んできたので、展示の一部をご覧いただきたい。


画像画像 上からカセットテープがケース内に流れ落ちているのが不思議な、アート部門・審査委員会推薦作品「時折織成−落下する記録−」。たまったテープがランダムに織り成す模様を、一度きりのアート作品として眺めよう。たまり切ったらテープが高速で巻き上げられ、同時に交響曲が流れるパフォーマンスも

画像 ブース内に入った瞬間巨大な泡の塊にギョッとする、アート部門・優秀賞「  を超えるための余白」(作品名冒頭はスペースになっている)。泡は下のポンプ装置から生み出され、常に変化しする把握不能な空白の塊となっている。そこから観客に「社会」のあり方を感じ取ってもらうメディアアート

画像 普段は感じ取れない電磁波を、ライト・振り子・スピーカーからの音などで視覚・聴覚的に感じ取ることができる、アート部門・大賞「crt mgn」。ブース内に新感覚が待っている

画像 エンターテインメント部門・優秀賞「燃える仏像」。人間と仏像の融合生命体の切り絵をアニメーションにした「劇アニメ」が、中央のテレビに流れる。その周りには……

画像 作品に使われた切り絵がたくさん! 不気味な仏像人間たちにゾクッ

画像 津田大介さんのインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」もエンターテイメント部門・優秀賞獲得。画面にみんなの意見がリアルタイムでひょいひょい流れている。来場者も設置された電子パッドからその場で投票できる様子

画像 PCや周辺機器一体をジオラマにしてしまった、エンターテイメント部門・優秀賞「プラモデルによる空想具現化」

 エンターテインメント部門では、流れ落ちるカセットテープをアートにした「時折織成−落下する記録−」、PCや周辺機器をジオラマにした「プラモデルによる空想具現化」などが受賞。また津田大介さんが運営するインターネット国民投票サイト「ゼゼヒヒ」も優秀賞に輝いている。


画像 マンガ部門・大賞「ジョジョリオン」。内覧会には作者の荒木飛呂彦先生も登場した(関連記事

画像 マンガ部門・優秀賞「昭和元禄落語心中」では、落語をテーマとした物語の数ページがパネルとして並べられ、作中の噺(はなし)を実際に楽しめる

画像 マンガ部門・優秀賞「それでも町は廻っている」ではテイストの違うカラーイラスト12点をずらりと配列。ある商店街の日常を読み切り連作形式で色とりどりに描いた、本作の世界観を演出。このように作品の特色ごとに展示形式が違うのも、メディア芸術祭の見どころ

画像画像 マンガ部門・新人賞「アリスと蔵六」にも作品のネームや生原稿がガラスケース内に展示(右)。受賞マンガ作品それぞれにこうした生原稿が用意されている

画像 アニメーション部門受賞作品も、各作品の映像がテレビで流れている横に、絵コンテといった製作資料が展示

画像画像 アニメーション部門・優秀賞「有頂天家族」の展示では、作品に出てきた風神の扇が実物の資料として登場

 マンガ部門では荒木飛呂彦先生の「ジョジョリオン」が大賞を受賞したほか、新人賞には今井哲也先生の「アリスと蔵六」などが輝いた。またアニメーション部門では短編作品を会場で実際に上映。優秀賞の「有頂天家族」をはじめ、絵コンテや製作とともに展示されていた。


画像 昨年とはかなり会場の雰囲気が変わり、新鮮な気分で楽しむことができた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事