ニュース
» 2014年02月06日 19時12分 UPDATE

「DQMスーパーライト」の返金騒動が飛び火 「黒猫のウィズ」「ガンダムコンクエスト」でも返金求める動き

今後さらに火の手が広がる可能性も。

[ねとらぼ]

 スクウェア・エニックスのソーシャルゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」で起こっていた返金騒動(関連記事)が、とうとうほかのゲームにも飛び火しはじめたようです。コロプラの「魔法使いと黒猫のウィズ」、バンダイナムコゲームスの「ガンダムコンクエスト」などでも返金を求める声があがっており、実際にAppleやGoogleから「返金された」といった報告も。

 2ちゃんねるの各ゲームスレッドには、返金方法をまとめた「返金テンプレ」が貼られており、実際に返金されたことを示す証拠画像も。画像自体が合成という可能性もありますが、複数のゲームで報告があがっていることを考えると、実際に返金が行われている可能性は高そうです。


画像画像 「黒猫のウィズ」スレッドに貼られていた証拠メール


画像画像 こちらは「ガンダムコンクエスト」

 返金理由はタイトルごとに異なり、「黒猫のウィズ」の場合は「ガチャ画面の優良誤認」、「ガンダムコンクエスト」の場合は「アップデートによる仕様変更で課金アイテムの価値が予告なく下がった」ことなどが主な返金理由として挙げられています。上記のようなガチャ演出、アップデートによる仕様変更などはほかのゲームでも行われているもので、これらを理由に返金が認められるとなれば、今後ほかのゲームにも追及が及ぶ可能性があります。

 騒動の発端は、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」。ガチャに相当する「金の地図ふくびき」の確率設定、および演出に怒ったユーザーがApple、Googleに返金を求めたのがきっかけでした。同作では現在、ガチャ機能を一時的に休止し、またこれまでユーザーが使ったジェム(課金アイテム)も払い戻すことを発表しています(関連記事)。


画像画像 「黒猫のウィズ」と「ガンダムコンクエスト」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー