新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月20日 14時45分 UPDATE

著作権を無償で譲渡?:「いえ、著作権はユーザーに帰属します」とユニクロ Tシャツ作成サービス「UTme!」の利用規約が話題、問題を認めて修正へ

自分だけのTシャツかと思ったら、自分のものですらない? ユニクロ広報に聞いてみた。

[ねとらぼ]

 ユニクロが5月19日から開始したオリジナルのTシャツを作成できるサービス「UTme!(ユーティーミー)」の利用規約に、「著作物に関するすべての権利を無償で譲渡する」との項目があるとして、ネットで話題となっている。本当にそうなのかユニクロに聞いてみた。

ユニクロ 利用規約に注目が集まる

 「UTme!」は、スマートフォンやタブレット端末で簡単に自分だけのTシャツを作ることができるアプリで、ユーザー自身がペイントしたりメッセージや写真を加えてデザインすることができるサービス。しかし、規約の第9条(権利帰属)の項目には、「投稿データについて、その著作物に関する全ての権利(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます)を、投稿その他送信時に当社(ユニクロ)に対し、無償で譲渡します」とあり、さらに「著作者人格権を行使しないことに同意するものとします」とある。

 これに対してSNSを中心に「自分のオリジナルイラストが、Tシャツを作った後は、自分のものでは無くなってしまい、ユニクロのものになってしまう」「ユニクロ側が量産、改変し放題」「このサービスは、悪質な契約の見本といっていいレベル」と懸念や疑問の声が上がっていた。







 その後、ニュースや他社の公式アカウントなどでこのサービスを紹介するのに伴い、自社のロゴで使用した行為について、ユニクロに企業ロゴを譲渡したことになるのではないかとも。



 ユニクロは利用規約がユーザーに誤解を与えたとして社内で検討した結果、現状の利用規約を変更。サービス開始からのユーザーが投稿したデザインの著作権に関わるすべては、あくまでもユーザーに帰属するものと改めることを決めた。

 「より多くのユーザーにもっと気軽に利用していただくようにしたい」とユニクロの広報。現在の利用規約も適宜修正される。

ユニクロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー