新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月04日 11時58分 UPDATE

KORGの「CLIPHIT」があればどこでもドラムセット、トツツトツツズドドドドできるぞ

センサーつきクリップをはさんだものが、なんでもパーカッションに変身!

[松尾公也,ねとらぼ]

 MIKU STOMPでギタリストを初音ミクに変身させたKORGが、机やダンボール、椅子、身の回りにあるものをドラムセットに変身させてしまうキット「CLIPHIT」を売り出します。机をステージに、じゃなくて、机でもなんでもドラムセットに。

ah_korg1.jpg
ah_korg2.jpg

 電子ドラムの登場で、本格的なドラムセットや防音設備がなくても練習できるようになりましたが、やはり高価で、それなりに場所もとります。

 KORGの「CLIPHIT」はセンサーつきクリップが3つとペダルが1つ用意されていて、そのクリップをはさんだバケツ、空き缶、それこそなんでもパーカッションに変わるのです。楽しそうな動画をどうぞ。

 標準装備のペダルはバスドラ(ベードラ)に使えますし、追加でもう1つをハイハットのオープン・クローズやツーバスに使ったりもできます。

 ドラマーたちは太古の時代から膝をタイコにパタパタと練習していました。漫画雑誌を積み重ねてパラディドルの練習をしていた人もいたでしょう。これからは、そこからドラムらしい音を出すことができます。

 ドラムキットの音色はスタンダード、ロック、ポップがそれぞれ3種類、さらにパーカッション、エフェクトの合計11種類が利用できます。

 オーディオ入力用にステレオミニ端子が用意されており、バッキングトラックや、iPhoneやiPadなどの楽器と合わせて演奏することも可能ですね。もちろんヘッドフォン端子も装備しているので、近所を気にせず練習もできます。

 CLIPHITは単三電池4本で6時間駆動。453グラム。スピーカー内蔵で、手軽に持ち歩けるので、ビデオにあるように、ストリートでそこらにあるものにつなげてドラムを叩き始めるといった風景が見られそうです。発売は9月中旬、約1万円前後を予定しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事