新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月26日 16時56分 UPDATE

フィルム1本分取り終わるまで写真が見れない 面倒くさすぎるカメラアプリ「有限カメラ」

銀塩カメラの面倒くさい部分をあえて再現。

[ねとらぼ]

 これまでにない「不便」さをウリにしたカメラアプリ「Tomo(トモ)」がリリースされて話題になっていますが(紹介記事)、実は同じようなコンセプトのアプリが2012年に出てたって知ってましたか? Crazy Interactiveの無料カメラアプリ「有限カメラ」がそれです。


画像画像 現像してみるまでどんな写真が撮れたか分かりません

 「有限カメラ」の特徴は、アプリなのにわざわざ「銀塩カメラの面倒くさい部分を再現」していること。なので、フィルム1本分撮り終わるまでは撮った写真の確認もできませんし、設定を変えることもできません。他にも「撮り終わってもさらに写真の書き出し(現像処理)に3〜5分かかる」「フィルムを手動で巻くかどうかを選べる」などなど、面倒くさい機能が満載となっています。


画像 この「なんとなく100円」が大事?

 さらに極めつけとして、アプリ起動時に100円払うかどうか謎の選択肢が。この100円、実は払っても払わなくても特に機能に変化はないのだそう。説明によると、「この何となくの100円があると、パシャパシャと適当にシャッターを切ることなく1枚1枚チマチマと大切に写真が撮れるのではないかと思うのです」――。なんだその謎のこだわりは! でも、なんかちょっと分かる気がします。

 1枚1枚シャッターをきる緊張感、現像を待つ間のイライラ・ドキドキ……。そんな面倒くささもまた、写真の楽しさの1つなのかもしれません。

「私は、この銀塩の面倒臭い部分に、素敵な写真が撮れる秘密が隠れていると少し信じています」(アプリの説明文より)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー