新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月11日 20時30分 UPDATE

「けいおん!」を村上春樹さんが小説化したら……匿名ユーザーの野心作がすごい完成度 (1/2)

隠れた逸材が発掘されました。

[ねとらぼ]

 もし、「けいおん!」を村上春樹さんが小説化したら? そんな妄想を具現化した作品が「おーぷん2ちゃんねる」に投稿され、注目を集めています。


画像 「『けいおん』著:村上春樹」

 「『それであなたはどこの部活に入部をするか、まだ決めていないのね?』と和はいくぶん批難するような口調で言った」「『こうしてニートが出来上がっていくのかもしれないわね』『あるいは』と僕は言った」――こんな調子で始まる本作。原作では4コマで終わる主人公と親友のやりとりを約700字かけて詳述するなど、かなり気合が入っています。

 全体は4500字ほどで、主人公が「軽音楽をやってみよう」と決心するまでが描かれています。ただし、その過程はドラマチック。途中で親友は消失し、突然現れた羊の幻影と「僕はうなずいた。『君は、僕が軽音楽をやるべきだと、そう考えているんだね?』」みたいな会話をし、さらに紆余(うよ)曲折を経るため、かなり読み応えのある内容になっています。

 そんな本作が投稿されたのは、2ちゃんねるの転載禁止騒動を受けて登場した「おーぷん2ちゃんねる」。書き込み内容がパブリックドメインになる匿名掲示板です。元スレッドは全体で40レスもなく、作者自身「誰も見てないけど、くぅ疲」などとコメントしてましたが、複数のまとめサイトが取り上げたことで話題に。読者からは「なにこれ面白い」「嫌いじゃない」「レベル高い」などと概ね評価するコメントが寄せられています。


画像 ジェネレーターで自動生成した内容

 ちなみに、村上春樹さんの文体模写は、ネットでは定番ネタとして親しまれており、「村上春樹風に語るスレジェネレーター」というスクリプトもあります。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事