新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年01月11日 21時32分 UPDATE

ドッターなめんな! 「ベイマックスのドット絵化は難しい」に対するドット絵クラスタのみなさんの返答

神は1ドットに宿る!

[ねとらぼ]

 大ヒット中のディズニー映画「ベイマックス」がもしもファミコンで出ていたら……? そんな問いかけから始まったハッシュタグ「#ドットベイマックス」がステキです。作品の数々は、Togetterの「ドットベイマックス作品まとめ」からどうぞ。



 元はと言えば、あるTwitterユーザーの「ベイマックスがファミコン時代に出た映画だったらドッターは苦労したんじゃないか」というツイートが発端。ベイマックスの特徴的な目((●−●)←こんなの)を再現するには最低でもタテに3ドットが必要で、ファミコンのドットサイズでは省略されて誰か分からなくなってしまう――というのですが、これがドット絵クラスタの職人魂に火を付けました。

 ということで、あの「目」や独特のフワフワしたボディをどうやって再現したのか? 力作の数々をご覧下さい。














 再現のポイントはやはり「目」と「体形」。目に何ドット割く? 体と頭のバランスは? 輪郭線は描く? 描かない? ――などなど、一口にドット絵化と言ってもいろいろなテクニックがあることが分かりますね。

 Twitterでは他にも大勢の人が、さまざまなドットベイマックスを投稿しています。全部の作品を見たい人はTogetterからどうぞ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事