新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年02月27日 13時55分 UPDATE

ニセモノぞくぞくの「大ニセモノ博覧会」 案内役はギャラ子に!

柴咲コウさんの声をもとにした「ギャラ子Talk」が音声ナビゲーターに採用された。

[ねとらぼ]

 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が3月10日から開催する「大ニセモノ博覧会」の音声ナビゲーターに「ギャラ子Talk」が採用された。


画像 ギャラ子

 「ギャラ子Talk」とは、柴咲コウさんの声をもとに開発した「VOCALOID3 Library ギャラ子NEO」(2014年8月発売)の付属ソフト。文章を入力するとギャラ子が読み上げるというもので、エーアイの音声合成エンジン「AITalk」を活用している。会場では専用のスマートフォンアプリを使用すると、ギャラ子が展示品を説明をする。


画像

 「大ニセモノ博覧会」は、ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」「ホンモノ」を約300点展示する企画(関連記事)。展示物を通して、「ニセモノ」「ホンモノ」が人々の暮らしの中でどのような役割をしてきたのか紹介する。入場料は一般830円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー