新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年03月19日 21時34分 UPDATE

「境界のないセカイ」打ち切りにLGBT団体が立場表明 「他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」

「性に関する差別を助長する」可能性があると警告。

[ねとらぼ]

 作者・幾夜大黒堂さんのブログにて、突如連載中止と単行本の発売中止が発表されたマンガ「境界のないセカイ」。男女が性別を変えられる世界を描いた同作のテーマについて、単行本化を予定していた講談社が「性的マイノリティの個人・団体からのクレームを回避したい」と判断(関連記事)したことに対して、LGBT団体「レインボー・アクション」がサイトに立場表明を掲載しました。

画像 レインボー・アクション

 レインボー・アクションは、性に関する差別表現に対しては闘っていくとしながらも、「この作品の性に関する描写に、他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」とコメント。「『性的マイノリティの団体・個人の圧力』という多分にフィクショナルな理由に基づき、表現行為に対して自粛を迫るという行為がもしもあったとするならば、それは人権を守るためとても大切な、表現の自由を抑圧するものだろうと考えます」「それはまた、『性的マイノリティの団体・個人』を怪物視・あるいは怪物化し、性に関する差別を助長するものに他なりません」と警告しています。

画像 マンガボックスで公開されている最新話で連載中止になるとのこと

 幾夜大黒堂さんは自身のブログなどで連載を継続させてくれる版元を募集していましたが、既に多くの連絡をもらっているとのこと。現在のところ、「境界のないセカイ」が連載されていたマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」(運営はDeNA)から連載中止に関する公式なアナウンスはありませんが、編集長の樹林伸さんは自身のTwitterで「ここは僕の個人のTwitterなのでマンガボックスの中の人としての見解はここには書きません。ちゃんと準備をしてますから、少しまっていてくださいませm(_ _)m」とツイートしています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事