新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月14日 08時00分 UPDATE

ゼンリン、秋葉原に続いて大阪市の3D都市モデルデータ無償配布 ゲーム用途での活用促進へ

今後福岡市、札幌市のデータも公開予定とのこと。

[ねとらぼ]

 ゼンリンは4月13日、ゲーム開発環境「Unity」で利用可能な3D都市モデルデータ「ZENRINシティアセットシリーズ」に、新たに大阪市の一部エリアを追加したと発表しました。データはUnityアセットストアより無料でダウンロード可能。



 「ZENRINシティアセットシリーズ」は、同社が持つ3D都市モデルデータをゲーム開発者向けに配布しているもので、2014年8月には第1弾として秋葉原のデータを無償公開(関連記事)。ゲーム開発者はこれを活用することで、実在の街並みを使ったゲームをより手軽に制作できるようになります。


画像

画像

画像

 今回公開されたのは大阪市のなんば付近。またゼンリンによると、2015年5月には福岡市・札幌市の一部エリアも順次無償で公開する予定とのことです。

 ゼンリンのサイトではサンプルとして、同アセットシリーズを使ったゲームアプリ「VR鬼ごっこ IN 3D CITY」も無料公開中。ゲームはブラウザ(Unity Web Playerをインストールする必要あり)およびAndroidでプレイすることが可能です。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー