新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年04月22日 13時51分 UPDATE

アナログゲーム「ハイテンション利休」が話題 利休から茶菓子をもらおう

パッケージの顔はハイテンション?

[林健太,ねとらぼ]

 茶人・千利休をイメージしたアナログゲーム「ハイテンション利休」が一部のゲームファンの間で話題となっています。

ハイテンション利休 ハイテンション利休(チキンダイスゲームズ)

 ゲームタイトルとイラストだけで魅力的なのですが、同ゲームの公式サイトにはこんな説明がありました。

プレイヤーは戦国武将となり、利休の茶会に出席する。茶会で自慢の茶器を披露し、利休のテンションを見計らい、ほどよい額の茶菓子を手に入れた者が勝者となる。

 うーん、難しそう。ほかレビューなどをみると、茶器には等級があり、高い茶器ほど利休のテンションは上がるが、他のプレイヤーとバッティングしてはいけないなど、駆け引き要素があるようです。

 ゲームを体験した人からは、「パッケージに惹かれて買ったが、ゲームの設計はしっかりしていて奥深い」と好評のようでした。

 また、ゲーム中に飛び交う言葉も独特のようです。「はずかしめを受けた」とか「ワビサビを理解」など、利休の茶会でいかに適切なふるまいができるかが問われます。

 千利休といえば、「二重人格の茶人サイキッカー(戦国BASARA4 皇より)」が話題となりましたが、こちらの利休はどんなテンションで茶会に座っているのか、想像しながらプレイしたくなりますね。

 「ハイテンション利休」は2014年秋に登場、各ゲームショップなどで販売中。5日5日に開催されるアナログゲームの祭典「ゲームマーケット2015春」でも販売予定となっています。

 ちなみに、同イベントでは話題となり入手困難な状態が続いているボードゲーム「枯山水」も販売されるそうです。GWは「侘び寂び」をテーマに東京ビッグサイトに行ってみてはいかがでしょうか?

ハイテンション利休 同サークルの新作ゲーム「リテーナーズ」(チキンダイスゲームズ)

林健太

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー