ニュース
» 2015年04月24日 10時00分 UPDATE

千曲川の話題の石像 国が除却作業をスタート 費用は製作者が「全額支払います」

話題を呼んだあの石像が、とうとう取り除かれます。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 4月22日に製作者が書類送検されたばかりの、長野県上田市の千曲川(ちくまがわ)河川敷に作られた話題の石像(関連記事)。国に無許可で製作した不法工作物ということで、24日午前8時30分より国が除却作業を始めました。かかった費用は後日製作者へ全額請求する予定です。

画像 除却される石像。2月からは鉄パイプのバリケードが設置されていました

 国土交通省の千曲川河川敷事務所によると、製作者が同市在住の55歳男性だと判明してからは、本人に河川の原状回復を速やかに図るよう指示。男性は石像を国が除却・処理することについて同意したそうです。「不法工作物の所有権を全て放棄します」「国において除却・処理することについて異存ありません」「除却等に要する費用は製作者が全額支払います」との旨を記載した書面も事務所へ提出しました。

画像 石像、まだ肩から上しかなかった2012年時の様子

 石像の除去作業は整地までを実施。午前8時から8時30分まで準備として進入防止柵などを取り外し、10時30分までには作業を完了する予定です。


黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー