新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月19日 17時36分 UPDATE

東京ディズニーシー、「ファインディング・ニモ」の新規アトラクションを2017年春に導入 それに伴い「ストームライダー」が2016年5月中旬でクローズ

「ストームライダー」クローズにネット騒然。

[ねとらぼ]

 オリエンタルランドは2017年春 、東京ディズニーシーのポートディスカバリーに、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」と「ファインディング・ドリー(原題)」(2016年公開予定)の世界を舞台とした新規アトラクションの導入を決定した。本アトラクション導入に伴い「ストームライダー」が、2016年5月中旬をもってクローズする。

 「ファインディング・ニモ」シリーズの映像とライドシステムの動きを融合させた海底を体験できる屋内型のアトラクション。魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で広い海の世界を冒険する。

ディズニー ストーリーに登場する潜水艦(イメージ)

 アトラクションの映像制作は、2016年7月公開予定の「ファインディング・ドリー(原題)」の映画制作スタッフが参加する。体験時間は約5分。乗車定員は1キャビンあたり122人。総投資額は約50億円を予定している。

ディズニー アトラクション内観(イメージ)

 「ストームライダー」が2016年5月中旬をもってクローズすると報じられるとネットは騒然。クローズを惜しむ声であふれた。ポートディスカバリーの設定に関わる重大事件として話題となっている。

ディズニー クローズが決定した「ストームライダー」

 東京ディズニーシーではロストリバーデルタの南側に8つ目の「新テーマポートの開発」を検討しており、先日全体のテーマを北欧とし、一部エリアは「アナと雪の女王」の世界がテーマとなると発表されていた(関連記事)。8つ目の新ポートはポートディスカバリーと隣接しており、ファンの間では存続を危ぶむ声もあったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事