ニュース
» 2015年06月23日 09時10分 UPDATE

年金情報、流出は約101万人 47都道府県すべてに該当者

該当者には今月内に謝罪文書を発送する。

[ねとらぼ]

 日本年金機構は6月22日、年金加入者の氏名や年金番号といった個人情報が約125万件流出した問題で、情報が漏れた該当者は計101万4653人で、47都道府県すべてにいたと発表した。機構は該当者への謝罪文書の発送を月内までに終えるとしている。


 職員の端末に届いたウイルスメールを開いたことが原因で、年金情報の管理システムに外部から不正アクセスがあった(関連記事)。流出した情報は、基礎年金番号、氏名、生年月日、住所の4種類。約101万人の該当者は受給者が52万8795人で、被保険者が48万5858人。都道府県別では大阪府が9万6884人でもっとも多く、東京都の9万6172人、神奈川県の7万3826人が続いた。

日本年金機構 47都道府県の個人情報流出報告

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー