ニュース
» 2015年07月14日 18時40分 UPDATE

Googleの人工知能「Deep Dream」で画像加工できるサイト、処理待ちが多すぎてユーザーに協力を求める→大幅パワーアップ

世界中のPCの空きリソースを人工知能処理マシンに変える、人工知能グリッドネットワーク計画が開始。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 日本のベンチャー企業が先日公開した、Googleの人工知能「Deep Dream」を誰でも利用できるWebインタフェース関連記事)。こちらがサービス開始1週間で約22万枚の画像が投稿される盛況となっています。

画像 Deep Dreamが加工した画像

 全体のアクセスの93%は日本国外のもので、提供元のオズミックコーポレーション(VR関連技術の研究会社)とイントロンワークス(筑波大発ベンチャー)も想定外の反響だったとのこと。

画像 サイケな感じに

画像 ぞわぞわ

 一方で、画像加工処理に用いるアルゴリズムはマシン負荷が非常に高く、1枚の加工に10分以上かかるという問題も。当初は数台のマシンで運用していましたが、とても追いつかないことから、クラウド上に200以上のCPUを用意して分散処理する方式に変更。それでも大量の画像が処理待ちになる状況が続いていました。

画像 配布中

 そこで両社は、新たに人工知能グリッドネットワークシステムを開発。サイトユーザーに参加を呼びかけました。これは参加者のPCリソースの一部を他ユーザーの画像加工に利用するもので、インストールすると自身がアップした写真も優先処理してもらえます。すると、配布開始から8時間で92台・計228CPUコアがネットワークに参加! 処理能力が倍増しました。現在は400以上のCPUコアによって稼働しているそうです。

 同ネットワークは人工知能研究者へ提供する可能性もあるとのこと。

おまけ

画像 ITちゃんの場合

画像 その2

高橋史彦

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!