新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月15日 16時19分 UPDATE

イタズラ投稿で一時停止のGoogleマップ編集機能、8月再開へ ユーザーをモデレーターに勧誘

皇居に「オウム真理教皇居支部道場」と表示されるなどのイタズラ投稿で、Googleマップの編集機能「Map Maker」は一時停止されていました。

[ねとらぼ]

 Googleは、5月から一時停止していたGoogleマップの編集機能「Map Maker」を8月に再開します。Google Map Makerプロジェクトマネジャーが明らかにしています。

ah_map1.jpg

 Map Makerはユーザーが地図に情報を追加できるというもの。この機能を使ってGoogleマップ上で皇居に「オウム真理教皇居支部道場」と表示したり(関連記事)、ホワイトハウスにエドワード・スノーデン氏(米政府の諜報活動を暴露し、ロシアへ渡航した)の名前を表示するといったイタズラ投稿が行われ、Googleはこの機能を停止していました(関連記事)。

ah_map2.jpg 4月にイタズラで書き換えられた皇居のマップ(現在は正常)

 再開は8月初めから段階的に行う予定。Googleは各地域でユーザーを選んで「Regional Lead」(モデレーター)として勧誘し、マップへの投稿のレビューはRegional Leadと自動承認システムの両方で行うとしています(時折Googleがレビューする場合もあり)。このためレビューに時間がかかる場合があるため、根気よく待ってくれるようにと呼びかけています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事