新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月03日 17時05分 UPDATE

「YouTubeが有料化する」うわさ広がる Googleが事実でないと否定 誤報がきっかけ

無料視聴が終わって有料じゃなきゃ見られなくなるの? と驚きと不安が広がっていましたが、デマでした。

[ねとらぼ]

 9月3日、動画共有サービス「YouTube」が有料化されるといううわさがネットユーザーの間で広まっています。あるニュースサイトが「YouTubeは2015年末までに有料化に切り替わる構えだ」と報じたのがきっかけですが、Googleの広報室に問い合わせたところ、事実ではないと有料化を否定しました。

画像 うわさのきっかけとなった「スプートニク」記事

 発端は、3日2時ごろにロシアのニュースサイト「スプートニク」が日本語で公開した記事「マスコミ報道、YouTubeが有料化へ、2015年末までをめざす」。米メディアのThe Vergeが「YouTubeは2015年末までに有料化に切り替わる構え」だと報じた、と書いたものです。

 この記事がTwitterやまとめサイトを通して大きく拡散。「ようつべ有料化ってまじすか?」「ホントに有料化にするなら、お金払ってまでは見ないだろうしユーチューバーも激減しちゃうよ」と、YouTubeが今までのように無料では見れなくなると受け取る人が続出します。お昼にはTwitterのトレンドワードやYahoo!の検索ワードランキングに「有料化」の文字が現れるなど波紋が広がりました。

画像画像 TwitterやYahoo!検索ワードランキングに発生した「有料化」

 しかし実際にはThe Vergeは「YouTubeが有料化する」と報道していません。スプートニクがソースにしたとみられる8月28日の記事は、YouTubeが2つの有料サービスの導入を検討していると伝えたもの。音楽の定額制サービスと、動画の広告が非表示になるサービスで、これらは米国でも公式に発表されている情報です。YouTubeそのものが有料化するとは本文には書いてありません。

画像 ソースになったとみられるThe Vergeの記事

 もともとスプートニクは昨秋設立されたロシアの通信社で、今年3月よりロシア国営ラジオ局の日本語版サイト「ロシアの声」を引き継いでいます。「ロシアの声」は、「虚構新聞」のような“嘘ニュースサイト”を情報源に記事を公開することがたびたびあり、一部のネットユーザーの間では信頼度の低いメディアとして受け止められていました(関連記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事