ニュース
» 2015年09月29日 17時34分 UPDATE

事務いすで公道を爆走する2時間耐久レース「いす‐1GP」 首都圏で初開催!

背もたれやタイヤが壊れても走り続ける過酷な事務いすレースが、首都圏にもやってきた――!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 キャスター付きの事務いすで公道を2時間走り続ける耐久レース「いす‐1グランプリ」が、首都圏で初めて開催されます。10月24・25日に東急東横線武蔵小杉駅(神奈川・川崎)前で、ハロウィンイベント「コスギフェスタカップ」内のプログラムとして実施。首都圏のデスクワーカーのみなさん、足腰は仕上がってますか?

事務いす

 「いす‐1グランプリ」は京都・京田辺のキララ商店街が発祥のレース。1チーム3人が交代で事務いすに乗り、2時間でコースを何周走れるかを競います(関連記事)。

事務いす 2014年3月「いす-1GP2014全国大会 in 京田辺の開催風景」(提供:日本事務いすレース協会)

 もちろん事務いすはレース用に作られていないので、大会ではタイヤが取れ、背もたれが壊れ、最後にはキャスターが根本から折れとボロボロになるのだそう。故障と戦わなければいけない過酷さや、ピットインでチームメイトが事務いすを修理しコースへ送り出す見どころもあり、なにやら熱い競技だということで以前からネットで話題に。今年も京都を中心に長崎、岡山、徳島、山形など全国各地で開催されてきました。

事務いす事務いす

 今回の武蔵小杉大会では、24日に30メートル直線をどれだけ早く走れるか競う個人戦を実施。25日に1チーム3人の団体戦を行います。チーム戦は最大30組まで参加予定で、メンバーは高校生以上ならOK。事務いすは2脚まで持ち込み可能。改造はいけませんが装飾なら大丈夫です。

 参加費は、個人戦が1人500円、団体戦が1チーム5000円。公式サイトで申し込みを受付中です。満を持しての首都圏開催、果たして事務いす乗りの頂点に立つのは誰なのか――無駄に熱い秋が始まる! 10月25日には東京・京橋でも「いす‐1GP 東京都京橋大会」が開催予定です。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー