ニュース
» 2015年12月27日 21時15分 UPDATE

「どんな性別でも使えるトイレマーク」が決定! 香川県の団体が最優秀賞2点を発表

マークはステッカーにして行政や企業に提案していく。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 香川県でLGBTQ(注)に関する活動をしているNPO団体「PROUD(プラウド)」がこの秋インターネット上で投票を行っていた「どんな性別でも使えるトイレマーク」の最優秀賞2作品が決まりました

 投票が行われた11作品のうち(関連記事)、最優秀賞に選ばれたのはこの2点。

どんな性別でも使えるトイレマーク 作者のコメント:LGBTの方だけではなく、誰でも使えるトイレというものをテーマに作りました。LGBTに対する理解を深めていくことはとても大切ですが、全ての人にそうあるべきだと思ったからです

どんな性別でも使えるトイレマーク 作者コメント: 全体的な形は、よつばのクローバーをイメージしました。1つの枠にせず4つに区切ることで、障害等を限定せず多様な方の利用が可能であることを表しています。上は身体障害者、右は高齢者、左は妊婦をイメージし、下は年齢性別を問わずすべての方を表しています。LGBTを強調しすぎないデザインにすることで、誰でも抵抗なく利用できる多目的トイレマークにしました

 投票は10月18日〜12月20日に同団体のホームページ上で行われ、1113人が投票しました。最優秀賞の2作品はステッカーにして、行政や企業に使用を呼びかけていくとのことです。同団体はトイレの使用に際して困ったり、嫌な思いしたエピソードを引き続き来年1月31日まで募集しています。

(注):LGBTQとはL=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー、Q=クィアを意味する頭字語で、トイレ利用の際にジロジロ見られたり注意を受けたりと困難が少なくないという


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  6. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー