ニュース
» 2016年01月03日 19時00分 UPDATE

NHK紅白歌合戦、Twitterで話題になった出演歌手は?

“話題になった出演歌手”1位は、やっぱりあの人。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 Twitter TV Japan公式アカウントが、2015年NHK紅白歌合戦の関連ツイート数のピークと、紅白歌合戦の放送中に最も話題になった出演歌手をランキングで発表しています。

 関連ツイート数の第1位は、小林幸子さんが4年ぶりに紅白に復活したその瞬間。TPM(1分あたりのツイート数)が6万654と、“ラスボス”の名にふさわしく話題となったのがうかがえます。次いで紅組が優勝した瞬間が4万4685TPM、嵐とスター・ウォーズのコラボが4万1262TPMとなっています。


第66回NHK紅白歌合戦 4年ぶりの“ラスボス降臨”に、みんな驚きました

 今回、小林幸子さんはniconicoとコラボ(関連記事)。出演時に紅白のステージ上でニコニコ生放送のコメントを流す演出を行いました。曲目は「千本桜」で、最後の最後でテレビ上にあえてそのまま“弾幕”を流す演出にビックリした方も多かったはず。いやがおうにも盛り上がりますよね。

 また、NHK紅白歌合戦で“最も話題になった出演歌手”の第1位はなんと、T.M.Revolutionの西川貴教さん。2位のμ'sや3位のAKB48を抜いて、堂々の1位です。紅白歌合戦自体には出演していないのですが(西川さんは応援裏実況のみの出演)、この人気っぷりがすごい(関連記事)。


第66回NHK紅白歌合戦 最も話題になったのは西川さん、さすがです

 西川さんは「第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況」で、μ's出演時にペンライトを振り回し、少ないスペースで全力熱唱。「9人目はここにいるよ!」「9人の思いがひとつになっているから」という名言を残した後、うるさすぎるという理由でそのまま警備員の手によって連行されました。その後、警備員を振り切ってウラトークに戻ってくるのですが、ゴールデンボンバーの出演時に再びはしゃぎ過ぎて、あえなく強制退場させられていました。

 予想外の展開に大きく盛り上がった第66回NHK紅白歌合戦。西川さんには次も裏実況に出演して欲しい一方で、個人的に大ファンなので、“表”の方にも出ていただきたく……!


(大里ミチル)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー