ニュース
» 2016年01月14日 18時01分 UPDATE

【閲覧注意】サービス終了したDMMアダルトオンゲーの公式アカウント、運営事情暴露など盛大にはっちゃける

終了後も1カ月近くツイートし続けています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 12月18日にサービスを終了したDMMのアダルトブラウザゲーム「空戦乙女☆ヴァージンストライク」のTwitter公式アカウントが、ネタツイート・下ネタ・エロネタ・運営事情の暴露など何でもありのはっちゃけアカウントになっていると話題になっています。かなり濃い下ネタツイートもありますので、タイムラインを見る際はご注意を。


公式アカウント 「空戦乙女☆ヴァージンストライク」公式アカウント

 特に「リリースの3日後にバックれた当時のPM」(恐らくプロジェクトマネージャーのこと)の発言集は、中の人の思いが伝わってくる熱いツイートとなっていました。「星(カードのレア度)が多いとユーザーが喜ぶから、最低レアリティを星3からにする」「冬コミに企業ブースで出店して、空戦乙女の同人誌を売って一儲けしよう」といった発言があったらしく、いろいろと思うところがあったようです。





 また、PMだけでなく、当時の企画チームについても触れています。「シモ・ヘイへを戦闘機の擬人化として出す気でいた」らしく、どん引きしたそうです。シモ・ヘイヘはフィンランドの軍人で、伝説的な戦果を残した狙撃手のこと。





 他にもネタ的なツイートを多数投稿し続けており、「サービスが終了したオンラインゲームの公式アカウントがはっちゃける」という新境地を現在進行形で開拓し続けています。21世紀のフロンティアはここにあったんだ!









 これを見たユーザーからは、「なにこのファンキーな公式アカウント」「あんまりにも酷い公式垢で興味湧いたけどサービスはもう終わってるのか……」「サービス終了後に本領発揮している公式アカウント」といった声が上がっていました。そもそも、サービス終了して1カ月弱経過しているのに、一体何をしているのでしょうか。







 また、ゲームの公式サイト跡地もなかなかいい感じで、「…また、どこかの空で!」と画面一番左上に小さく書かれているのみ。いくらサービスが終了したとはいえ、ここまで質素でつつましい公式サイトは初めて見ました。せめて、何があったページなのかぐらいは書いておいて欲しかった。


公式サイト 意味深すぎる跡地

 ファンキーでクレイジーな公式アカウントはなかなかありませんので、このままどこか別チームでゲームが復活すればワンチャンあるのではないかと思いました。そしていつの日か、サービスが再開することを祈りたいと思います。……また、どこかの空で!

追記

 その後、同作は「にじよめ」でまさかの復活。現在もサービス提供中です。どこかの空は本当にあったんだ!

 また、ねとらぼでは中の人に取材も実施しました

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー