ニュース
» 2016年01月19日 15時20分 UPDATE

「マジコン訴訟」で最高裁が販売業者の上告を棄却 任天堂らソフトメーカーの勝訴が確定へ

損害賠償命は約1億円。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ニンテンドーDS用「マジコン」の販売をめぐり、任天堂らソフトメーカー49社が販売業者を提訴していた件で(関連記事)、最高裁判所が上告人(被告・控訴人)であるマジコン販売業者の上告を棄却する決定が下されました。これにより、ソフトメーカー側の勝訴が確定したことになります。


ニュースリリース 任天堂のニュースリリース

 通常、ニンテンドーDSなどのゲーム機では、コピーソフトが動かないようにするためのプロテクトをかけています。しかし、「マジコン」を使うことでプロテクトを回避することができてしまい、「違法ダウンロードや不正コピーの温床になっている」として問題視されていました。

 そこで、任天堂らソフトメーカー49社は「マジコン」の輸入販売業者を提訴。この裁判では、2013年に東京地方裁判所が「マジコンの輸入販売差止」と「損害賠償の支払い」を販売業者に命じる第一審判決を下し、ソフトメーカーの勝訴となりました。

 その後、マジコンの販売業者は高等裁判所に控訴をしましたが、2014年に棄却されソフトメーカーが勝訴。さらに販売業者は最高裁判所に上告しましたが、2016年1月12日にまたしても棄却。ソフトメーカーの勝訴が確定しました。販売業者の損害賠償の支払い額は、総額9562万5000円となります。


マジコン 問題の「マジコン」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー