ニュース
» 2016年01月27日 22時25分 UPDATE

週刊少年サンデー連載作のキャラデザ変更問題、ゲーム会社が編集部に謝罪要求

「サンデー編集部の発言について、非常に残念に思います」とTwitterで表明。

[ねとらぼ]

 中国のスマートフォンゲーム「少女前線」の公式Twitterが、週刊少年サンデー編集部のある発言について「非常に失礼」だとし謝罪を求めています。

 週刊少年サンデー編集部は先日、連載中の漫画「ムシブギョー」の登場キャラが「少女前線」のキャラに似ていると指摘されたことから、当該キャラのデザイン変更を発表(関連記事)。その際、「タイトルすら聞いたことがない海外ゲームのキャラに似ているとの指摘を受けました」とTwitterでコメントしていました。

 これに対し、「少女前線」の公式Twitterは27日、「非常に残念に思います。本作に参加している日本のイラストレーターさんや声優さんなどのクリエイターに対しても非常に失礼と思います」と言及。「言葉を訂正して、クリエイターさんたちに敬意を払って、謝罪してほしいです」と呼びかけています。

 なお、「タイトルすら聞いたことがない」との表現には、一般ユーザーからも「煽っているように見える」「海外のゲームを作っている方にも失礼」といった声が寄せられていました。

画像 少女前線公式Twitter

画像 比較画像。左が「少女前線」のモーゼルKar98K、右が「ムシブギョー」の壱与(画像は@phantaniaより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー