新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月05日 20時58分 UPDATE

GACKTのオフィシャルブログ、画像や文章の転載条件が超絶ゆるかった

一流の判断。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 歌手・俳優のGACKTさんが自身のアメーバブログでアップしている写真・文章を、利用規約を守れば誰でも自由に転載可能なものとして公開しています。

GACKTオフィシャルブログ このラスボスみたいなアーティスト写真も利用可能

 アメブロにあるGACKTさんのオフィシャルブログは現在、有料ブロマガ「OH! MY!! GACKT!!!」の編集後記から抜粋した内容を無料公開する形で更新。転載に関する表記は2015年10月5日のブログエントリーから付け加えられており、GACKTさん以外の著名人が映っているものを除く全ての写真が転載可能です。以下はその利用規約です。

GACKTオフィシャルブログ内にある画像や文章は、商用ニュースサイトまたは個人のニュースサイト・ブログ・SNSに転載することができます。
(ニュースサイト以外の商用サイト、アダルトサイト、他サイトへのリンクを促すサイトでの転載は禁止します。)
転載する際には【GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載】と記載してください。
なお、弊社が不適切なサイトと判断した場合には転載を中止していただきますので、速やかに削除して下さい。
※著名人の方などが写ってる写真は全て対象外です。別途、各事務所様に確認が必要です。
(C) G-PRO inc.

 一般的に、芸能人がブログで掲載する写真などは、事務所が肖像権や関連著作権を厳格に管理していることが多いもの。SNSなどでタレント自らが撮影した写真も、こうした管理の範囲に含め、無断転載に厳しい措置を採ることも珍しくありません。そうした状況の中で、「転載可」と明言するのはかなり珍しい試みといえます。

台湾の町並みのGACKTさん こういった写真も転載できるらしい

 GACKTさんはこれまで、Twitterでファンの人生相談に答えたりコラ画像みたいなカレンダーを作ったり365日毎日ゲーム実況を公開したり(しかも好評に付き、現在第2シーズンが更新中)と、さまざまな試みが度々話題に。転載可という試みも、タレントの肖像権や関連著作権のあり方に一石を投じるものになるかもしれません。

街に佇むGACKTさん 新しい試みに挑戦するGACKTさん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー