新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月06日 09時00分 UPDATE

走る車のバンパーにしがみついた猫を救出! 米サンディエゴでも「猫バンバン」が始まるかも

事件をうけ、米サンディエゴ動物サービス局が車体やエンジンルームに潜り込む猫についての注意を呼びかけました。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州サンディエゴで、猫が車体に潜り込んでいることに運転手が気づかず、車を発進させてしまう事件が起こりました。


 車は猫を積み込んだまま、およそ8マイル(約13キロ)を走行。バンパーにしがみついている猫を発見した人が、運転手に合図を送って停車を促し、猫は無事に救出・保護されました。

猫バンバン まさに救出されようとしているところ

 米サンディエゴ動物サービス局ではこうした事例を重く受け止め、暖を求めて車に入り込む猫に注意を払うよう、ドライバーに向けてのアドバイスを行いました。日本でもなんだか聞いたことがあるような……そう、「猫バンバン」(関連記事)ですね!

猫バンバン たくさん呼びかけてもらえてるんだニャ(関連記事

 「猫バンバン」は車に乗り込む前にボンネットを叩くことで、猫の痛ましい事故を未然に防ごうとする取り組み。この呼びかけから、猫が車体に潜り込む事例をはじめて知ったという方も少なくないようです。今回の出来事をきっかけに、世界にまた救われる猫が増えていくかも!

 なお、車のバンパーにしがみついていた猫にはマイクロチップが入っており、現在は飼い主の元に戻って暮らしているそうです。大変だったけれど、戻ってこられてよかったね。


(ウグイラン)

関連キーワード

| エンジン | 動物 | 事故 | 自動車


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー