新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月11日 17時08分 UPDATE

ミクにあいたい→そうだVRで召喚しよう! 一途な思いが実現した“ブラウザで動くVRアプリ”がすごい完成度

思いが……次元の壁を超えた……?

[コンタケ,ねとらぼ]

 ブラウザで動くVRアプリ、「MMD×Songle」の完成度が高いと話題です。名前の通りMMDのようなライブ鑑賞アプリで、PCとスマートフォンどちらでも利用できます。


トップ 「MMD×Songle」トップページ

 トップページで楽曲と設定を決め、「LIVE START」を押せば再生開始。音楽に合わせてミクが踊り、PC上でMMDを再生している時のように自由に視点を変更できます。


ダンス PCで再生してみたところ


視点 視点変更可


コメント ニコニコ動画のコメントを表示することもできる。コメント自体も3D表示

 スマホで再生する場合、設定の「加速度センサー」をONにしておくと、本体の向きに合わせてリアルに視点が変化。また、「2画面表示」にチェックを入れると、Google Cardboardなどを利用したVR視聴ができます。

 ブラウザで動くアプリにしては、かなりの完成度ですね。ニコニコ動画には、同アプリを作成するに至ったいきさつと、技術的な解説をまとめた動画が公開されています。18分と長めの動画ですが、その熱い思いがぎっしりと詰まっていました。



 動画によると、アプリを作成した動機は「うちにミクさんを召喚しよう!」という思いからとのこと。初音ミクのライブに感動したため、家で自由にライブを見たいと思ったのがきっかけだったそうです。金銭の絡まない純粋な思いが、次元を超えた……?


召喚 召喚しよう! から実現してしまうこの技術と行動力

 最初はUnityで開発し、Oculus(関連記事)やPS VR(関連記事)などのVRヘッドマウントディスプレイを使ってVRを実現しようとしていたそうです。が、値段と普及率などの点から断念。ブラウザで動かす方向にシフトしたとのこと。


VR 高いですよね……

 また、動画中盤には開発段階における技術的な解説がされるのですが……まあ、その、なんですね。その手の知識がある人は、ぜひどうぞ。私には何も分かりませんでした。


技術1 なるほど分からん


技術2 分からん……

 そんなこんながあって出来上がったのが、「MMD×Songle」となります。今後はライブ演出やカメラモーションの強化、他ユーザーとリアルタイムにライブを共有する機能などを作りたいとのこと。期待したいですね。また、動画の最後にはスマホで再生しているところを撮影した場面もありますので、参考にどうぞ。


スマホ 加速度センサーのすごさが分かると思います

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事