新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月16日 16時53分 UPDATE

100万フォロワーの人気Twitterアカウント「Copy writing」、一度復活するも即凍結される

わずか数日での凍結となりました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterでアカウントを削除していた「Copy writing」(@Copy__writing)が1度復活しましたが、数日で凍結されました。現在はアカウントのリンクを開いても、「凍結済みアカウント」と表示されるのみとなっています。


凍結 元「Copy writing」アカウントのあったURLの現在


アカウント 凍結された「Copy writing」(画像は2月時点のもの)

 「Copy writing」は、無断転載などが問題になっていたアカウント。一時120万アカウントを超えるフォロワーがついていましたが、インタビューに答えたことで批判が集まりフォロワー数が減少(関連記事)。その後、凍結防止などのためか、アカウントを削除しました。

 しかし、Twitterでは自分でアカウントを削除した場合、1カ月以内であればアカウントを復帰できます。この仕様を利用し、3月8日前後にアカウントを復活させていました。アカウントを復帰した場合、削除前の状態のまま復元されるため、100万アカウント以上のフォロワーは保たれたままでした。

 ところがそれから6日後の3月14日、アカウントが凍結。100万フォロワー以上がついていたアカウントが消える事態となりました。また、同じような内容をつぶやくサブアカウントも多数存在していましたが、それらもほとんどが凍結処置となったようです。

 ちなみに、「削除」はユーザーが自分でアカウントを消すことで、「凍結」はTwitter運営の手でアカウントを使えなくされることをいいます。「削除」の場合は前述の通り1カ月以内であれば自由にアカウントを復帰できますが、「凍結」の場合はそうもいきません。一応、Twitter運営に不服を申し立てると、場合によっては復帰させてもらえることもあります。


削除 「削除」の場合はこのような表記になります

関連キーワード

Twitter | 投稿 | 批判 | インタビュー | 無断利用


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事