ニュース
» 2016年04月13日 14時24分 UPDATE

神奈川県と手塚プロがロボットと共生する社会を描いたアニメを公開

アトムも出演。

[ねとらぼ]

 神奈川県は13日、ロボットと共生する社会の実現に向けて進める「さがみロボット産業特区」の周知を目的としたスペシャルアニメ「ROBOT TOWN SAGAMI 2028」を公開した。

 アニメは手塚プロダクション製作によるもの。2028年の「さがみロボット産業特区」のエリアを舞台に未来の生活を描いており、鉄腕アトムも登場している。

さがみロボット産業特区

 「さがみロボット産業特区」は高齢化や自然災害を見越して県民の「いのち」を守るための生活支援ロボットの実用化・普及を進める取り組み。相模原市や平塚市など12の市と町が特区となる。2014年11月には同じく周知を目的として特区内にイメージキャラクターである「鉄腕アトム」を使用した歩行者用信号機を設置した(関連記事)。

さがみロボット産業特区 アトム信号機でも話題

関連キーワード

ロボット | 特区 | アニメ | 鉄腕アトム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう