ニュース
» 2016年04月21日 16時33分 UPDATE

ユーザー好みの番組をAIが提案 シャープの「ココロビジョンプレーヤー」が俺たちの嗜好に踏み込む

連動するVODサービス「COCORO VIDEO」も同時に開始。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シャープは液晶テレビ「AQUOS」と接続して使うAI搭載プレーヤー「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を、6月10日に発売します。独自のクラウドサービス「COCORO VISION」と接続し、AIが視聴傾向からユーザーの嗜好(しこう)を学習。おすすめの番組を提案してくれます。


ココロビジョン ココロビジョンプレーヤー

 ユーザーが近づくと、人感センサーが検知して音声であいさつし、自動でテレビを起動。そして学習したデータを基にテレビ番組やVODコンテンツを検索し、ユーザーの嗜好や地域、時間に見合った番組を音声でおすすめ。長期間の使用で、より提案の精度が高まります。

 「COCORO VISION」と連動するVODサービス「COCORO VIDEO」も搭載。13万超のコンテンツを購入・視聴できるほか、見逃したテレビ番組のVOD配信も教えてくれます。Android TV搭載で、ゲームや情報アプリ、4Kコンテンツの導入も可能。


メイン画面 メイン画面(画像はシャープ公式Twitterより)

 価格はオープンで、想定販売価格は2万円前後。「COCORO VIDEO」の月額利用料金は、「プレミアムコース」が500円、約1万5000のコンテンツが見放題となる「プレミアム&見放題コース」が980円。NHKオンデマンドと連携した、「NHKオンデマンド 見逃し見放題パック」と「NHKオンデマンド 特選見放題パック」も用意されています(すべて税別)。

 AIと言えば、シャープは女子高生AI「りんな」と縁がありますが(関連記事)、中の人いわく「残念ながら女子高生は搭載されていません」とのこと。もし搭載されていたら、女子高生に趣味嗜好をえぐられたかと思うと……残念のようなそうでないような。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう