ニュース
» 2016年04月25日 18時00分 UPDATE

太陽光で世界一周を目指す「ソーラー・インパルス2」 ハワイ・カリフォルニア間を飛行し、太平洋横断に成功

バッテリーの故障により、半年以上のあいだフライトを中断していました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 太陽光エネルギーを動力に世界1周を目指すプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が24日、約62時間に及ぶハワイからカリフォルニアへの飛行を行い、太平洋横断に成功しました。


画像 無事、ハワイからカリフォルニアに到着! 空が美しい……

 クリーンなエネルギー技術のアピールのために、スイスの団体が進めているプロジェクト。「ソーラー・インパルス2」にはパイロットが乗り込み、太陽光エネルギーで飛行します。

 2015年3月9日、アラブ首長国連邦アブダビを出発し、インドやミャンマー、中国などに着陸しながらフライトを継続。その後、悪天候のため緊急着陸していた名古屋空港を6月28日に飛び立ち(関連記事)、約118時間かけてハワイ着陸に成功。しかし、この際にバッテリーが故障してしまったため、半年以上にわたってフライトを中断していました。

 ハワイから米国西海岸にあるカリフォルニアへと飛行し、太平洋横断を成功させた今回は「I could continue all the way to New York!(東海岸のニューヨークにだって行けるよ!)」と言えるほど順調だったようです。今後は北アメリカから大西洋横断後、南ヨーロッパ、北アフリカを通過して、出発地アブダビへと向かうルートを辿ります。


画像 着陸するソーラー・インパルス2


画像 今後のルート

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー