ニュース
» 2016年05月09日 18時53分 UPDATE

2ページ目から並ぶ裸体 ジャンプ+新連載「終末のハーレム」がネットで「やばい」の声多数

期待がふくらむ展開……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 集英社の「ジャンプ+」で5月8日からスタートした、原作:LINKさん/作画:宵野コタローさんの漫画「終末のハーレム」がTwitterなどで話題になっています。作品はジャンプ+のサイトとアプリで無料公開中。Web漫画配信だからってここまで攻めていいんですか!?


終末のハーレム 「終末のハーレム」はこちらから。(画像は「ジャンプ+」公式サイトより)

 “近未来エロティックサスペンス”というジャンルらしいのですが、2ページ目から立ち並ぶ6人以上の女性の裸体(カラー)にまず「やばい」と言いたくなってしまいました。確かにこれはエロティック。集英社さんありがとうございます。


終末のハーレム 1ページ目から少しエロティック(「終末のハーレム」連載ページより)

 病気でコールドスリープすることになった主人公が、5年後に目が覚めてみると「新種のウィルスによって世界の人口が半減した」と聞かされます。ウイルスによって「この世界はほぼ女しかいなくなってしまった」という展開に。なにそれ、どんなエロゲ?


終末のハーレム 「男殺しウィルス」いただきました(「終末のハーレム」連載ページより)

 しかもはじめは一部ページで女性のあるパーツがモロ見えで、その後“修正”があったもよう。過激さで話題と言えば「ファイアパンチ」もそうでしたが(関連記事)、攻めてます、集英社さん攻めてます。



 ネット上でも「やばい」「終末のハーレムすごい……」「やばい漫画が始まってしまった」など、そのヤバさに驚きを隠せない人の声が多く見られます。「終末のハーレム」は毎週日曜日に「ジャンプ+」で配信予定です。





(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう