ニュース
» 2016年05月16日 19時10分 UPDATE

作者の精神病体験から生まれたガチ病みゲー「ネバーエンディングナイトメア」 PS4&PS Vitaで配信決定

「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」

[たろちん,ねとらぼ]

 開発者が精神を病んだ体験を反映したガチ病みゲーとして話題を呼んだ「ネバーエンディングナイトメア」(関連記事)が、PlayStation 4/PlayStation Vitaで配信されることが決定しました。

 強迫性障害と鬱病で苦しんだ経験を持つ作者・Matt Gilgenbachさんが、その感覚をそのまま反映させたというホラーゲーム。プレイヤーは主人公・トーマスを操作し、終わることのない悪夢の中を探索するという内容になっています。

ネバーエンディングナイトメア ネバーエンディングナイトメア

 「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」というMattさんの言葉通り、悪夢から目覚めたと思ってもそこに広がっているのはまた新たな悪夢。明確な目標や悪夢の意味が示されない、悪魔や化物たちに襲われても喘息持ちのトーマスはほとんど走って逃げることができないなど、独特な世界観が話題を呼びました。

ネバーエンディングナイトメア 不気味な悪夢の中をさまよい続ける主人公

ネバーエンディングナイトメア 化物や悪魔などから逃げたり隠れたりすることも必要

 PS4およびPS Vita版は5月19日より配信開始。価格は1480円(税込)。クロスバイのため片方を購入すれば両方のハードで遊ぶことができます。

その他のゲーム画面(一部閲覧注意)

ネバーエンディングナイトメア

ネバーエンディングナイトメア

ネバーエンディングナイトメア

ネバーエンディングナイトメア

ネバーエンディングナイトメア

(C) Infinitap Games, LLC. All Rights Reserved.

(C) Active Gaming Media Inc. All Rights Reserved.

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう