ニュース
» 2016年05月24日 22時28分 UPDATE

ハガレン実写化、エンヴィー役の本郷奏多に期待の声 「本郷奏多はアリ」「ちょっとしたHOT LIMIT状態」

「原作のイメージを大切にしながら丁寧に演じたい」(本郷さん)

[西尾泰三,ねとらぼ]

 実写映画化が発表され、さっそく大きな反響を呼んでいる「鋼の錬金術師」(関連記事)。ネット上では、同作に出演しない及川光博さんがTwitterトレンド入りするなど独自の盛り上がりも見せる中、宿敵ホムンクルス(人造人間)のエンヴィー役に決まった本郷奏多さんへの期待の声も多く見られます。

 本郷さんといえば、「進撃の巨人」のアルミン役や、「GANTZ」の西丈一郎役、テニスの王子様」の越前リョーマ役、舞台「ダンガンロンパ」など、数々のマンガ原作の映画・舞台にも出演。以前のインタビューでは、「僕、男性としては体形がかなり細い方なので、それが二次元の世界のキャラクターと近いものがあったりするのかもしれません」と語っています(関連記事)。

ホムンクルス(人造人間)のエンヴィー ホムンクルス(人造人間)のエンヴィー(画像はテレビアニメ「鋼の錬金術師」公式サイトより)

 原作でのエンヴィーは、きゃしゃな体形に露出の多い服装が特徴。ヘソ出し魅惑の本郷さんをスッとイメージする層も多いようで、「本郷奏多はアリ」「本郷奏多のエンヴィーはめっちゃ見たい」「ちょっとしたHOT LIMIT状態」といった期待の声が多く寄せられています。


「KANATA HONGO 2016」「KANATA HONGO 2016」
「KANATA HONGO 2016」「KANATA HONGO 2016」 本郷さん7年ぶりとなる写真集「KANATA HONGO 2016」は5月25日発売

 同作への出演発表と同日、自身のオフィシャルサイトを更新。「大好きな原作の実写化なので、今回も気合いが入ってます。世界観を表現できるよう、原作のイメージを大切にしながら丁寧に演じたいと思います」とつづっています。期待を裏切らない姿が見られるのか。映画は2017年冬公開です。

オフィシャルサイトでも報告 オフィシャルサイトで実写化への思いをつづった本郷さん

関連キーワード

実写 | 映画 | 鋼の錬金術師 | 服装


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー