ニュース
» 2016年05月30日 20時48分 UPDATE

「ガールズ&パンツァー劇場版」の興行収入がついに21億円を突破 「まどマギ」を抜き深夜アニメ歴代2位に

深夜アニメの映画化作品としては「ラブライブ!」に次ぐ堂々第2位の記録に。

[ねとらぼ]

 異例のロングヒットとなっている、映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」の興行収入が、ついに21億円を突破したことが分かりました。深夜アニメの映画化作品としては、2013年の「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(20.8億円)を抜いて歴代2位の記録となります。



 2015年11月の公開から既に半年以上が経過しているにもかかわらず、いまだに劇場での人気が衰えない同作。5月21日には、Blu-ray&DVD発売を記念して、全国153館での上映&再上映が決まったことでも話題になりました(関連記事)。


ガルパン劇場版

 公式ブログによると、5月29日時点で累計動員は126万4313人、累計興行収入は21億3683万2984円。3月17日の時点で累計動員が100万人を突破したと発表されていましたが(関連記事)、あれから2カ月ちょっとでさらに26万人も上乗せしたことになります。一体この勢いはいつまで続くのか……。

 ちなみに深夜アニメの映画化作品では、現状「ラブライブ!The School Idol Movie」の28.6億円が1位となっています。今後「ガルパン」がこの記録にどこまで迫れるかも注目を集めそうです。


ガルパン劇場版 5月27日には待望のBlu-ray&DVDも発売に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう