ニュース
» 2016年06月09日 13時21分 UPDATE

GANTZ!?とネット騒然 京大付近の交差点で巨大な黒い玉が出現、コロコロする事案発生

黒い玉を起因とする事故は発生しませんでした。よかった!

[Kikka,ねとらぼ]

 京都市内の車道で巨大な黒い玉が転がっているところが目撃され、その様子をとらえた写真が1万8000件以上リツイートされるなど話題となっています。京都府警に問い合わせたところ、黒い玉について特に通報は入っておらず、事故なども発生していないとのこと。

 黒い玉が目撃されたのは「東山東一条」の交差点で、京都大学のすぐ近く。目撃者で写真をTwitterに投稿したすが(@reverse_concept)さんによると、トラックの荷台から転げ落ちた黒い玉は車道を転がったのち、善意の歩行者が歩道に移動させたとのことでした。形状は「空気が入った特大バランスボール」のようだったといい、表面からは爆弾の導火線のようなヒモが伸びていたそうです。こわっ!


GANTZ 悠然と車道を転がる黒い玉

GANTZ 自転車の女性も食い入るように見つめる

 

 今回の騒動についてTwitterをはじめネット上では漫画「GANTZ」(関連記事)に登場する黒い球体「“ガンツ玉”では」という声や、「のど黒飴だ」など、さまざまなコメントが寄せられています。


GANTZ 黒い玉の正体の有力説「キンボール」(日本キンボールスポーツ連盟HPより引用)

 そんななか黒い玉の正体として、有力視されているのがカナダ発祥の屋内球技「キンボールスポーツ」に使われる競技球ではないかという説です。

 「キンボールスポーツ」で使用されるボールはナイロン製で、空気を入れて膨らませると直径122センチメートルほどになります。また重さは約1キロとのことなので、すがさんの「一人でも運べるくらいには軽そうでした」という目撃談とも矛盾はないように感じます。

 その後ほかの目撃者が現れないことから、黒い玉は落下から間もなく回収されたものとみられていますが、「爆弾の導火線のようなヒモ」の存在や「表面に文字などはなかったと思う」との証言もあり、謎の黒い玉の正体は依然不明のままです。

 また、すがさん自身は「普通に考えれば運動会とかのイベントで使う大玉ですかね……でも案外、本当に実写版GANTZ続編の小道具を運んでたのかもしれませんw」と黒い玉の正体を推測しています。

 

(画像提供:すが(@reverse_concept)さん)

(Kikka)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう