ニュース
» 2016年06月13日 10時00分 UPDATE

舞台「こち亀」に生駒里奈さん出演決定 乃木坂46以外の舞台は初挑戦

オリジナルキャラクターでストーリーの鍵を握る謎の少女役。

[ねとらぼ]

 2016年秋に舞台化される「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下、こち亀)に生駒里奈さん(乃木坂46)の出演が決定した。

こち亀舞台 生駒里奈(乃木坂46)さんが舞台に

 アニメでも両津勘吉役を演じるラサール石井さんが主演・脚本・演出を務める「こち亀」舞台版はこれまで、1999年から2006年までに4期上演されており、10年ぶりの公演となる。2016年は連載40周年を迎える記念すべき年。6月13日に発売された「週刊少年ジャンプ」(集英社)誌上でも生駒さんの参加について報じられている。

 生駒さんは舞台オリジナルキャラクターでストーリーの鍵を握る謎の少女・サキ役を演じる。乃木坂46以外の舞台は初挑戦とのこと。出演に対して「もともとジャンプが大好きで、そのご縁でTX『特捜警察ジャンポリス』のレギュラーもやらせていただいてますが、まさか『こち亀』の舞台に出られる日がくるなんて思っていなかったので、とてもうれしいです。ジャンプが大好きな一員として、また40周年という私より20年も先輩の作品の記念公演に華を添えられるように、サキ役を精いっぱい演じさせていただきます! 頑張ります!」とコメントしている。

 両さん以外のキャストはほぼ一新。中川圭一役をファッションモデル・役者のユージさん、秋元・カトリーヌ・麗子役を原幹恵さん、そして両さんとコンビを組む舞台オリジナルキャラ・向島三四郎役を池田鉄洋さんのほかに、麻里愛役を小林由佳さん、大原大次郎役を俵木藤汰さん、海パン刑事役を伊藤明賢さんが務める(関連記事)。

こち亀舞台こち亀舞台こち亀舞台 麻里愛役を小林由佳さん、大原大次郎役を俵木藤汰さん、海パン刑事役を伊藤明賢さんが演じる

 舞台版「こち亀」は9月9日より東京・大阪にて公開予定。7月24日10時より発売、価格は前売り、当日とも6800円(全席指定・税込)。

こち亀舞台

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
(C)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう