ニュース
» 2016年06月22日 14時15分 UPDATE

消費者庁、Windows 10アップグレードに関する確認事項を公開

「ソフトや周辺機器が対応しているか確認する」といった確認・留意事項をまとめています。

[ねとらぼ]

 消費者庁は6月22日、Windows 10への無償アップグレードに関して、確認しておくべき点などを公開しました。

 Windows 7/8.1のユーザーは、7月29日まで無料でWindows 10にアップグレードでき、マイクロソフトもポップアップ画面でそれを通知しています。現在はユーザーがアップグレードの実施予定をキャンセルしないとアップグレードされるようになっています(関連記事)。

Windows 10アップグレード通知画面の例

 消費者庁はWindows 10への無償アップグレードに関し、以下の点について確認・留意するよう呼びかけています

アップグレード前

  • 今利用しているOSとの違いを確認する(メリットや、機能・サポート期間などの違い)
  • ソフトや周辺機器が対応しているか確認する
  • アップグレードの手順を確認する
  • アップグレードしない場合は予約をキャンセルする

アップグレードする際

  • アップグレード中は1時間以上PCが使えないため、適切な日時を設定する
  • ソフトウェアライセンス条項の内容を把握した上で、承諾するか判断する
  • 無理にアップグレードを中断しない。途中で電源を切ったり、強制終了したりするとPCが起動しなくなるなどの不具合が生じる可能性がある

アップグレード後

  • 31日以内であれば元のバージョンに戻すことが可能。戻す場合は方法を確認して期間内に行うこと
Windows 10アップグレード通知画面の例

 消費者庁は、問題や不明な点があればマイクソフトのサポート窓口に相談するよう勧めています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー