ニュース
» 2016年07月01日 14時00分 UPDATE

早速ツッコミ力が試されている……! 実写映画の「銀魂」公式サイトのデザインがリロードするたびに変わる

そうきたか……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 本日発表され話題になっている「銀魂」の実写映画化(関連記事)。その実写映画の公式サイトが早速飛ばしています。サイトをリロード(更新)するたびにデザインが大きく変わり、そのパターンも豊富に用意。こんなのずるいよ……!


銀魂 実写 公式サイト 背景が黒でシリアス寄りのシンプルデザイン

銀魂 実写 公式サイト エリザベスの「観ねーとミンチにすんぞ(怒りマーク)」のプラカードが

銀魂 実写 公式サイト 日本な感じ

銀魂 実写 公式サイト 一色で、後ろからナナメに光が漏れてるのがイケてます

銀魂 実写 公式サイト 昔の個人ホームページ踏んじゃったかのような色合いと、訪問者数の表示

銀魂 実写 公式サイト ハリウッド感。3D眼鏡(赤青)で見ると……

 7月1日現在、デザインは「背景が黒でシリアス寄りのシンプルデザイン」「“銀”文字と、赤い“GINTAMA”とオレンジの“LIVE ACTION”の文字が重なった逆輸入っぽいデザイン」「真っ白な背景に赤い“銀魂”の文字がSF感ゼロの日本を思わせるデザイン」「海外用のオール英語デザイン」「“666666番目のお客様です。”と、昔の個人ホームページ感あふれるデザイン」「右下のエリザベスのプラカードがなかったら銀魂だと気付きにくいアートなデザイン」の6パターンを確認。どれも特徴的過ぎました……。

 ちなみに現在、実写版映画「銀魂」の公式Twitterでは白背景に赤文字“銀魂”の日本風デザインが使われています。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう