ニュース
» 2016年07月02日 22時00分 UPDATE

やたら幻想的! 炎で氷に入ったお酒をジュワッと取り出す新感覚カクテルの作り方

もったいなくて飲めない……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 丸氷の中にお酒を注いで楽しむ、ちょっとオシャレな「アイスボールカクテル」。その作り方の紹介動画で注目を集めたCocktail Chemistryさん(関連記事)が、今度はアイスボールを「グラス内で燃える炎」で溶かすという幻想的な新カクテルを伝授してくれました。

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 なんとも幻想的です

 Cocktail Chemistryさんの新たなカクテルは、その名も「氷と炎の歌(A Song of Ice and Fire)」。氷と炎を駆使しており、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説タイトル「氷と炎の歌」にちなんだ(というかそのままの)カクテル名となっています。「氷と炎の歌」にはグラスの底にアルコール度数の高いお酒が入っており、そこに着火した炎が宙吊りとなっているアイスボールを溶かし、ボール内から流れ出た低アルコール度数のお酒がグラスの底に加わり炎を鎮火する、という非常に凝った一品となっています。

 今回の解説動画でも丁寧に制作行程が説明されています。まず、丸氷を作るための製氷皿「アイスボールメーカー」に水を入れて、冷凍庫で冷やします。1時間15分経ったらアイスボールメーカーを裏返し、さらに1時間15分冷やしたところで取り出します。こうして少し早めに冷凍庫から出すことで、周囲は凍っているのに中は液体状となった丸氷が完成。

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 アイスボールメーカーに水を注ぎ
幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 冷凍庫で片面1時間15分ずつ冷やします

 注射器で内部の水を取り除いたら、アイスピックで丁寧に竹串を通すための穴を開けていきます。竹串を通したら、そのままでは氷と串の間に隙間ができてしまうため、補強用に水を数滴塗って再度冷凍庫でしっかり凍らせます。

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 注射器で丸氷内部の水分を抜き取ります
幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 これで中が空洞な丸氷のできあがり!

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 竹串を通すための穴をアイスピックで慎重にあけていき
幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 穴があいたら竹串を通します

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 このままだとカクテルを中に注いだときに隙間からこぼれてしまうので、竹串と氷のつなぎ目に水を継ぎ足し、再度冷凍庫に投入

 あとは別途用意したカクテル(今回は「ハバナ・カクテル」を使用)を注射器でアイスボール内に注ぎ込み、下ごしらえは完了。グラスに高アルコール度数のラム酒を注いで火をつけたら、そっとアイスボールを乗せ、溶けていくのを鑑賞するだけです。

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 カクテルを中が空洞になった丸氷に注入
幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 準備が整ったらいよいよ着火!(くれぐれも火の扱いには気をつけましょう)

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 アイスボールをそっと乗せたら完成です。くれぐれも落とさないようにしましょう

幻想的なカクテル「氷と炎の歌」 苦労のかいもあり、ひとくち飲んだCocktail Chemistryさんもこの笑顔

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう