ニュース
» 2016年07月06日 07時00分 UPDATE

初代プレステ・サターン風ポリゴンにこだわった「Back in 1995」が3DSに移植決定 今度のグラフィックはN64風に

32ビット世代から64ビット世代へ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 2016年4月にSteamで配信されたインディーゲーム「Back in 1995」(関連記事)が、ニンテンドー3DSに移植されます。あえてプレステ・サターン初期のような「レトロなポリゴングラフィック」にこだわった作品(関連記事)でしたが、今回の3DS移植版「Back in 1995 64」ではニンテンドー64をイメージしたグラフィックに。そうきたか……!


Back in 1995 64 3DS 懐かしのヘボポリゴンを3DSで

Back in 1995 64 3DS 「上画面」ということは……

 レトロなポリゴングラフィックは相変わらずですが、よく見るとテクスチャのボケ具合が確かにN64風! そういえばこんなグラフィックだったなあ……。

 3DS版オリジナルのギミックも追加されていて、N64風の「仮想ゲーム機」を下画面に表示。そこでは「テレビケーブルの緩み」や「カードリッジの差し直し」など、当時を思い出す動作が再現されるとのこと。もしかして突然上のゲーム画面が消えたりする……?


Back in 1995 64 3DS カートリッジ式の例のゲーム機が映る下画面。一体なにが起こるんです?

 ゲームのプロトタイプ版は、7月9日〜10日に開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 4」にて展示されます。公式サイトの発表では「Steamで遊んでいただいた方もまだの方も、どちらも楽しめる新機軸の体験を目指して鋭意開発中です」ということで、新要素などが楽しみな移植版となりそうです。



(宮原れい)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう