ニュース
» 2016年08月08日 22時00分 UPDATE

上野動物園、普段は見られない動物の姿を観察できる「真夏の夜の動物園」開催

例年注目を集めているポスター、今年は色鮮やかなフラミンゴさん。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 上野動物園(東京都台東区)で、開園時間を20時まで延長するイベント「真夏の夜の動物園」が8月9日から16日まで開催されます。入園料は一般が600円、65歳以上が300円、中学生が200円。小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料です。

 同イベントは例年、印象的なポスターで注目を集めています(関連記事)が、2016年は薄暗いなかでも鮮やかな色合いが際立つフラミンゴの写真を使用。鳥だけに「しっ とり。」というキャッチコピーが掲載されており、どことなくセクシーな雰囲気を漂わせています。


画像 首の曲線が美しい

 夜行性のタテガミオオカミに加え、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダ、ハシビロコウなどの展示が行われ、昼間には見られない動物たちの姿を観察できます。なお、観覧延長時間はそれぞれ異なるので、お目当ての動物がいる方はご注意を。

 レストランやギフトショップも午後8時まで営業するほか、「不忍池テラス」ではオープンビアガーデンを開設。生ビール(550円)、ペンギンをあしらったパイナップルムーンサンデー(350円/ともに税込)などを提供します。


画像画像 夜の動物たち


画像 「不忍池テラス」のオープンビアガーデン


画像画像 オープンビアガーデンのメニュー。右がパイナップルムーンサンデー

 また、「世界ゾウの日(8月12日)」にちなんでゾウに関するクイズラリー、ゾウの巨大な運動場に入れるイベントを実施。飼育係のトークや音楽ライブ、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の野外上映会も行われます。開催日などの詳細は特設ページからご確認ください。


画像 ゾウの運動場の大きさを体感できます

マッハ・キショ松

関連キーワード

動物 | 動物園 | 東京 | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう