ニュース
» 2016年08月13日 13時13分 UPDATE

「最大震度7」緊急地震速報の誤報騒ぎ 原因について気象庁が報告

8月1日17時ごろ、千葉や東京を中心に「最大震度7の地震発生」を予測した緊急地震速報(予報)が出され、その後キャンセルされていました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 気象庁は、8月1日に発表した緊急地震速報(予報)の原因について、「観測点の電源部故障により、地震計(加速度センサー)の出力データに急激な変化を生じたことが判明」したと発表しました

 8月1日17時ごろ、千葉や東京などで“最大震度7の地震発生”を予測した緊急地震速報(予報)が発表されました。その後揺れが観測されず、15秒後にキャンセル報が出され、一部で電車が止まるなどの事態が起こっていました(関連記事


緊急地震速報 予報 原因 気象庁 8月1日

 電源部の故障の原因については、雷災等が影響している可能性があるとしつつも、原因の特定は技術的に困難な状況だということです。

 同じ原因で緊急地震速報(予報)が発表されるのを防ぐための対策は検討中。それまでの当面の措置として、電源部故障の対応が必要な「基盤強震観測網(KiK-net)」の観測点全15地点の利用を、8月9日18時30分以降、停止しています。これにより、当該観測点近くで浅い地震が発生した場合に、「地震検知が最も長いケースで4秒程度遅れる可能性」が考えられるとしています。


緊急地震速報 予報 原因 気象庁 8月1日

 停止された観測点は真岡、霞ヶ浦、江戸崎、銚子中、蓮沼、千葉、勝浦東、鴨川、富津、厚木、八王子、所沢、岩槻、伊勢崎、御代田となっています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう