ニュース
» 2016年10月07日 15時41分 UPDATE

ついにナマモノまで…… 「木彫りのアジの刺身」がしょうゆをかけて食べたくなる再現度

木彫りで透明感が出ている。

[コンタケ,ねとらぼ]

 木彫りでさまざまなものをリアルに再現してきた幸せな人:川崎 誠二(@uko3000)さん(関連記事)の新作、「アジの刺身」がとてつもない再現度と話題になっています。柔らかいナマモノである刺身を木彫りで再現するのは無理があるだろう……と思いますが、想像のはるか上を行っていました。




木彫り 鯵の刺身 木彫りです


木彫り 鯵の刺身 信じられません


木彫り 鯵の刺身 どれだ……!?


木彫り 鯵の刺身 見分けがつきません

 あまりの再現度に本物かどうか疑ってしまいそうですが、作成途中の画像や裏返した動画も投稿しています。まあ、今までにもたくさん信じられない再現度の木彫作品を投稿してきた川崎さんですからね。過去の実績を考えれば、本物であることは間違いありません。




木彫り 鯵の刺身 塗っている途中はこんな感じ


木彫り 鯵の刺身 確かに木です





 今回作成するうえで最も苦労したのは、鯵の刺身の「透明感」を出すことだったそうです。試行錯誤の末、透明色を重ねることで透けてる感じを再現したそう。さらに上達している……!

 この「木彫りのアジの刺身」は、10月28日から開催のアートイベント「フジノヤマビエンナーレ」に向けて作成した実験作。実物を見てみたい人は、イベントを訪れてみるとよいでしょう。

関連キーワード

イベント | 芸術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう