ニュース
» 2016年11月01日 21時30分 UPDATE

漢検、本気の公式アニメ再び……! 田中孝弘監督による和風スチームパンクなアクションアニメ「知力丸」が公開

漢字の力をチャージ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 漢字検定で知られる日本漢字能力検定協会が、2015年に引き続いて(関連記事)第2弾となる公式の漢検アニメ「知力丸」を公開しました。



 前作と同様、アニメ映画「ベルセルク」や「ハーモニー」を手掛けたスタジオ4℃とのコラボによって制作。また監督・キャラクターデザインには、同じく「ハーモニー」やゲーム「戦国BASARA X」のムービーなどを手掛ける田中孝弘氏と、再び本気の布陣で作られています。


漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 甲冑デザインに日本を感じる

 主人公の知力丸が、力のもととなる“漢字の力”をチャージして黒く不気味な謎の怪物に挑むという内容で、2分32秒と短いながらアクションシーンの充実したアニメとなっています。日本の甲冑に未来的なエネルギーチャージャーが付いた装備など、「和風スチームパンク」という独特な世界観が魅力的です。

 事前に「漢字ミュージアム」(京都府京都市)にて取材を行ったということで、背景の工芸品や壁面などに描かれた漢字にもかっこよさや迫力を感じます。ちなみに主人公の声は「今人気の若手俳優」が演じているとのこと。


漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 アクション満載です

漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 迫力のある演出も

漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 背景にも注目

漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 漢字がパワーになるってかっこいい

 制作意図については、スマホの台頭で活字離れが懸念される中で、日本語や漢字文化の魅力を広める、また親しんでもらうための活動の一環としています。今回のアニメでは漢字の書体“形のかっこよさ”がメイン。

 田中孝弘監督は「漢字の力強さやカッコよさが、映像で表現出来ていたら良いなと思います」とコメント。また好きな漢字については、キャラクターっぽい造形に魅かれたという金文体の「見」を挙げ、「“見る”ことを大切に、これからもいろいろな物を歩き回って見続けたいと思います」としています。


漢検 公式アニメ 知力丸 日本漢字能力検定協会 予想外の漢字、金文体の「見」

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう