ニュース
» 2016年11月06日 15時58分 UPDATE

外務省が「メールごと削除」と注意喚起 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次ぐ 

不審サイトへのリンク誘導も。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次いで確認されていると、外務省が注意喚起しています。


外務省のwebサイト 外務省のwebサイト

 外務省職員をかたるメールに、ウイルス付きファイルが添付されていたり、不審サイトへのリンクが記載されていたりする事例が相次いで確認されているとのこと。



 発信元や内容に心当たりのないメールを受信した場合は、添付ファイルを開いたり、リンクをクリックせずにメールごと削除することをすすめています。


標的型攻撃メールの例 思わず開いてしまう「標的型攻撃メール」の例(情報処理推進機構より)

 詐欺メールに関しては、LINEをかたるメールが問題になったばかり(関連記事)。独立行政法人の情報処理推進機構によれば、実在の企業名や官公庁名を詐称する「標的型攻撃メール」はメールの表題や内容がメール受信者に関係のあることが多いようです。

 「標的型攻撃メールの例と見分け方」では、メールアドレスやURL、添付ファイルの種類などに不審な点がないか確認する方法を紹介しつつ、組織内・組織間での情報共有が重要としています。

関連キーワード

メール | 詐称 | 注意喚起 | ウイルス | 官公庁


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう