ニュース
» 2016年11月16日 08時00分 UPDATE

DMMが格安の大型4Kディスプレイ販売へ 50インチが約6万円、65インチでも約16万円だと!?

チューナーレスなので、現行チューナーへの出費を抑えつつ今後の4K放送に対応できる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

4月27日追記

DMMが「120Hz倍速駆動」は誤表記であり、60hz対応だったと発表し謝罪。7月11日まで返金の申し込みを受け付けるとしています。レシートなど購入を確認できる資料が必要で、窓口は下記の通り。

DMM.make DISPLAY 4Kディスプレイお客様窓口

電話番号:03-5797-8935

E-mail :makesupport@mail.dmm.com

対応時間:平日10時~17時


 DMM.comが4Kディスプレイ「DMM.make DISPLAY」を発表しました。価格は50インチ機で5万9900円、65インチ機でも15万9900円(税別)とお手ごろ……というか安すぎるっ!


DMM Display チューナー非搭載とはいえ、同サイズのテレビより圧倒的に安い

 同社の家電ブランド「DMM.make」の第一弾。新興家電メーカーUPQ(アップ・キュー)の発表によると、同社のODM供給製品のようです。

 3840×2160ピクセルの4K UHDパネルを採用し、4K60p出力(秒間60フレーム表示)に対応。また、フレーム間を補完し、秒間最大120フレーム表示できる120Hz倍速駆動も実現しています。入力端子はHDCP2.2対応のHDMI4基ほか、コンポーネント兼用コンポジットとUSB2.0が各1基。音声出力端子はヘッドフォンと光デジタルを各1基備えています。


倍速駆動 フレーム間に生成した映像を挿入してなめらかに表示

端子類 搭載端子が分かる背面図

 あくまでもテレビではなくディスプレイなので、チューナーは非搭載。テレビ放送を見るには、録画機などのチューナーを介する必要があります。しかし、現行のテレビで視聴できる4K番組は一部のCS放送やケーブルテレビなど、配信元が限定的。これらを利用しない人にとって、現行チューナーへの出費を抑えつつ、2018年からBSと110度CSで始まる4K実用放送にあとから対応できるのはメリットといえます(関連記事)。

 50インチ機は既に販売中。65インチ機は11月30日発売予定で、現在予約受付中です。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう