ニュース
» 2016年11月17日 18時00分 UPDATE

ねとらぼレビュー:「幸せに暮らしていますか」 伊達さん(高橋一生)吠える、怯える ドラマ「プリンセスメゾン」4話

東京の空の星は、見えないこともないんだな【やわスピ×ねとらぼ】※更新あり

[たまごまご,ねとらぼ]

 もっさり系女子、26歳の沼越さん(役:森川葵、以下沼ちゃん)が、マンションを買うために不動産屋に通うドラマ「プリンセスメゾン」は、NHK BSプレミアムで放送中。Webでも公開中。マンガ原作はやわらかスピリッツで連載中、スクロールしていくとここでも読めますよ!


プリンセスメゾン ドラマ「プリンセスメゾン」


伊達さんはいつも必死


プリンセスメゾン 伊達さん(高橋一生)

 真面目で、あまり感情が見えないパーフェクト社員伊達さん。

 彼は、自分が住む「武蔵小杉」がものすごく好きな土地のよう。適当な呼び方をされた時、地元民としてのプライドと、自分の熱い思いがほとばしり、キッとなって訂正をします。同じ会社で働く阿久津さん(舞羽美海)いわく「あの人に初めて温度を感じました」

 そして伊達さん、水の上が極度に苦手。船着き場で腰が抜ける始末(かわいい)。沼ちゃんですらも「伊達さんにも怖いものがあるんですね」。ニヤっとしたのは、みんなが伊達さんを、身近に感じたから。


プリンセスメゾンプリンセスメゾン 水が苦手でフラフラな伊達さん

 伊達さんは、本当は強い人じゃないと思う。確かにちょっと発言はおっかないし、バリバリ仕事こなすマシンだし。しかし彼だって人間。苦手なものも、好きな場所もある。むしろ、感情を見せないのは冷淡だからじゃなく、仕事と戦うのが怖いからなんじゃないかなあ。

 初めてマンションを売った時。伊達さん、同じ無口ではあるのだけど、「ビビっている」方の黙りでした。

 今、伊達さんは沼ちゃんという「家を買うことの価値観」を思い返させる人間に出会った。みんなの前で完璧を演じていたのに、自らの中の「怖いこと」「緊張すること」が一気に襲ってきた。

 伊達さんは、最初のお客さんの家に行きます。

 「この家を買ってよかったですか。本当にこんな広い家必要でしたか。……幸せに暮らしていますか」

 伊達さんが今まで絶対見せなかった、感情的な姿。彼の震える声。泣きそうな瞳。お客さんに「幸せに暮らしていますか」なんて、絶対聞いちゃダメだよ。でも「自分がしている仕事は本当に誰かのためになっているのか」は、伊達さんの中の最大の不安だった。

 だって、家って一生がかりの、ものすごい額だもの。無責任にすすめていなかったか? 買ってくれた人は、損をしたと感じていないか? 自分がやっていることは、相手の幸せになれていたのか?

 相手の人生に自分が介入してもいいものなのか?

 沼ちゃんの両親が死んでいるのを聞いて、何も言えなかった無力感。

 伊達さんの心はまるで、水の上でふらふらしているボートのよう。彼の心は波に揺られ、今までとても不安定で、無理やり言い聞かせて押さえ込んできたんだと思う。だから沼ちゃんの一生で一度の買い物に、自分はどう接してどう売るべきか、ものすごく慎重。彼女にだけ、客ではなく生徒のように厳しいのも、きっと心配だから。

 人と接したがらない彼が、顧客だった勝木さん(宮本裕子)を誘ってお酒を飲みながら話し合った。沼ちゃんの働く居酒屋をこっそり、のぞきに行った。

 この回以降、伊達さんは一皮も二皮も向けた、大きな人になると思う。


プリンセスメゾン 沼ちゃんの居酒屋をのぞきに来た伊達さん

プリンセスメゾン この角度です

無表情を作る高橋一生はすごい

 伊達さんを演じる高橋一生が、すごい。「シン・ゴジラ」の安田や「信長協奏曲」の浅井長政、「耳をすませば」の天沢聖司などを演じた人気俳優。今回は感情が全く見えない、というかなり特殊な役柄です。

 表情を変えない演技は、ものすごく難しい。何しろ「同じ顔」で、色んな感情を表現しないといけない。伊達さんの場合「感情を出すのがヘタ」「感情をわざとおさえている」「熱血で情に厚い」「冷静で管理が完璧な上司」「怖いものの前で平静を装う」を、全部同じ顔で演じないといけない。

 今回は過去話で「新入社員でうまくいかずおびえている」シーンも演じる必要が出てきました。顔は今の伊達さんと同じ(やっぱ感情表現自体がうまくない)なんだけど、目線がフラフラしていて、身体の端々がこわばっている。止め絵ならあんまり変わらないのに、動いているのを見たら別人。

 最初のお客さんの家に、不安が止められず訪れたシーン。やっぱり表情は変わらない。ポーズも棒立ちで変わらない。でも、動画で見るとあの厳しいしつけ主のような伊達さんが、まるでおびえる子犬のように必死な動きをしている。声はふるえ、身体中がひきつり、限界の壁に当たって、必死にもがいている。画面から伊達さんの感情があふれてくる。

 家に帰って、フジファブリック「茜色の夕日」を歌うシーン。でもやっぱり表情は変わりません。

 高橋一生はこの時、伊達さんの心の全てをのどで演じました。セリフは少ない。のどの動きで、数多くのことを雄弁に語ります。

 「東京の空の星は 見えないと聞かされていたけど 見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ」(フジファブリック「茜色の夕日」より)



 不安ばっかりだけど、思っているより、物事はうまくいくのかもしれない。そんなことを思ってしまった。毎回キャラにあわせた曲のチョイスが鋭い。今のところ沼ちゃんだけは歌ってないですね。

 5話予告では、要さんと沼ちゃんと伊達さんで兄・姉・妹を演じる、という妙な発言が。な、なにするの伊達さん。一皮むけすぎじゃない。そういうの好きだよ。


プリンセスメゾン マンガ「プリンセスメゾン」

漫画 第4話

11月23日更新:掲載期間が終了しました

(C)池辺葵/やわらかスピリッツ/小学館

たまごまご



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう